探偵と痛風

スポンサーリンク

痛風とは、痛む箇所が風が吹くように関節や骨橋を移動しまた、風が強くなったり弱くなるように、痛みも変動する事から名付けられたようだ、もう一つの説は、風があたっても痛い事からとある。

ある日朝起きると左足に何か違和感を感じた、明らかに左足の存在を感じとる事ができる^_^

しばらくすると、痛みも激しくなり足を引きずっての歩行となってしまった…

だんだん笑ってもおられなくなり、幸い左足だったので車を運転し病院を訪れた。

結果「痛風かもしれませんね~症状が痛風の症状です。」「とりあえず、血液検査しときますね~」

アチャー…マジかよ…

ビールは年中無休で飲んでいる、やっぱ、まずかったかな…

もう飲めないのかななどと考えながら暗い気分で病院を後にした。

翌日、恐る恐る血液検査の結果を聞くと、何と!どこにも異常はないそうであった。

尿酸値も正常であったが、今後は気を付けるように医師から言われた。

幸い貰った薬も一錠のんだら、ぴたっと痛みはおさまり、はて、何だったのであろう?痛風の初期段階か?

いずれぬせよ、痛風予備軍であろうから、ビールはちょっとビビって、糖分0・プリン体0に変えて飲んでます~^_^

riverをフォローする
facebook
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

浮気・不倫調査など探偵調査なら西日本リサーチ

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

宮崎の探偵調査なら西日本リサーチへ。

まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

探偵日記(宮崎)
riverをフォローする
宮崎007

コメント

タイトルとURLをコピーしました